暑さ寒さ対策

暑い部屋を涼しく、寒い部屋は暖房の熱が逃げないように暖かく...
もしそれができれば、近年増加している熱中症やヒートショックなど、ご自身の身体への負担が楽な上に、光熱費も抑えながら過ごしやすい環境が作れますね。
住宅に限らず、倉庫や工場などでも働いていらっしゃる方の体調や、製品の品質管理でも、室温のコントロールは年々大きな課題になってきています。
設備の高効率化を含め、お悩みをお持ちの方がいらっしゃったら、ご相談いただけると嬉しく思います。

断熱を超えた“遮熱”というもの

遮熱材

現在の建築物では、大なり小なり断熱材が使用されているものがほとんどです。
それは熱中症などが騒がれる前からも、屋内の環境をコントロールしやすいように用いられてきました。
 しかし、熱を断つと書きながら、実際は熱の伝わり方を減らすことしかできず、夏は部屋の中に外の熱が入り込み、冬は部屋の暖かい空気を外へ逃がしてしまいます。
断熱材本体が熱を溜めてしまう性質もあることから、特に夏場の天井裏にある断熱材は、昼間の暑い熱を本体に溜めてしまい、その熱が夜に下りてきて、陽が沈んでも部屋が暑いというデメリットもあるのです。

そこで、熱をさえぎる“遮熱”ということが出来たとしたらどうでしょうか。
材料本体に熱も溜めず、天井・壁・床など、その処理をした部分が、外の暑さ寒さをさえぎってしまうのです。
そうなると、夏は窓を開ければ木陰に近い環境が作れるし、冬は少しの暖房で暖かい部屋を保つことができますよね。

*結露対策にも効果が確認されています。

なぜ木陰は涼しいのだろう

遮熱材

晴れた夏の公園。 1本の木があり、少しの心地よいそよ風が吹いてるとします。
その木の陰と陰を出た直射日光のあたる場所で、気温はどのくらい違うでしょうか。
...実は気温や湿度はほぼ同じなのです。
それではどうして涼しく感じるのかというと、太陽から直接当てられる輻射(ふくしゃ)熱というものが身体に熱を持たせ暑く感じるとされており、木陰ではその熱が一部カットされているため、同じ気温や湿度でも感じる暑さが違ってくるのです。

ということは、暑さを感じるのは室温だけではなく、直接身体に当たる熱の量も関係してくると言えます。
高性能の遮熱材は、輻射熱の98%をさえぎりますので、家全体や個別のお部屋など、採用した部分に対してその環境を作ってくれると言っても過言ではありません。

熱中症やヒートショック対策に

遮熱材

天井と壁に遮熱材を施工されたお客様の中で、夏場は窓全開にすればエアコンがいらなくなったという方もいらっしゃいます。
また、写真のお客様はユニットバス交換時に天井・壁・床を包みこませていただいたのですが、溜めたお湯の温度のせいかお風呂が暖まり、冬入るときの寒さが減った上、お湯が冷めにくくなった気がするとおっしゃっていただきました。(夏場は外気の影響を受けにくくなるので涼しく感じます。)
ほか、トイレ一室ぐるり施工させていただいたお客様には、便座ヒーターのせいか、いつもやんわり暖かいとおっしゃっていただきました。
よって、お風呂ついでに脱衣所にも施せば、少しの暖房で冬のヒートショックの危険性を軽減できるかもしれません。


*基本的に一般住宅においては、断熱と同じように壁内に施工するので、遮熱材は表に見えません。

光熱費も大幅削減へ

遮熱材

図は、一般住宅で天井裏のみへの施工前後の実際の試験データです。
施工前、外気温が28.7度の時、室温は35度まで上がっていました。 施工後のデータ取得日は、猛暑日直前の34.5度まで上がってしまいましたが、室温は29度になっていました。
29度といっても、輻射熱の少ない29度ですので、一般的に想像する室温とは異なり涼しく感じるはずです。

こうなると、仮にエアコンを使用したとしても使用量が施工前と大きく異なるはずです。
電気使用量データでは、建坪32坪の1年間データで28,714円の削減ができており、これが工場や倉庫など、建物が大きくなるほどその効果は大きくなります。
大型物件では、材料メーカーによる使用電気料のシミュレーションを行っておりますので、ご検討なされている方はお気軽にお問い合わせください。

いろいろな用途に

遮熱材

遮熱材はシート状なので、建物への用途以外にも、
・熱を遮断したい設備(乾燥炉・保冷庫)や貯水槽
・テント
・ペット小屋
・冬場のコンクリート打設時の養生
・農業用や植物栽培/管理のハウス
などにも利用価値は広がっております。

商品も、電蝕防止処理・不燃認定・220度耐熱・及びお好きなインクジェットプリントなどラインナップが豊富ですので、ご興味おありの方は是非お気軽にお問合せください。

フォームでのお問い合わせ

防音室

フォームでお問い合わせの方はスマホの絵をタップしてください。
もちろんパソコンからでもお送りいただけます。
お電話の方は 0120-148-048 までお願い致します。

ギャラリー